会社認印を作る時に気を付ける事とは

会社認印を作成する時にはどのような点に気をつければいいのでしょうか?

まずは認印とはどのような印鑑なのかを紹介しておきます。

認印とは

認印とは実印登録されていない印鑑のことを言います。

つまり銀行印も認印として認識されており、実印以外の印鑑全てを認印と呼びます。

認印の主な使用用途は個人の場合は郵便物の受け取りの際に使う場合が多いと思います。

また会社認印の場合は領収書などに押されることが多くなると思います。

重要な取引以外に使用されることがほとんどで、様々なケースに使い分けすることができます。

認印だからといっておろそかに取り扱うのではなく、変えはきくものの保管もきっちりとしておきましょう。

会社認印を作成する時の注意点

会社認印は会社の実印を使う必要のない書類や、領収書などに会社認印が使われており、実印の印影の悪用を防ぐためのリスク管理の1つです。

会社として認印を作成する場合にはいくつか作成する時の注意点があります。

まず会社認印を作成する場合には会社実印とは異なる印材・サイズ・書体で作成されるのが一般的です。

特にサイズや印材や書体などに決まり事はありませんが、印材・サイズ・書体は会社実印よりもランク的にも大きさ的にも下げるようにしましょう。

また会社認印は外周に会社名、内周に「代表者印」などと彫るのが一般的となっています。

上司よりもとにかく小さい会社認印を

会社認印を作成する際には必ず上司よりも小さいサイズで会社認印を作成しましょう。

会社では主に認印は役職順に押されることが多いため、上司があなたの方が大きい会社認印を見たら良い思いはしないだろうと思います。

ですのでできるだけ上司よりも小さめに会社認印を作成しておきましょう。

逆にあなたが上司の場合は部下よりも大きめの会社認印を作成しましょう。

これから就職をして社会人として活躍する新入社員などは会社生活を円満にするためにもこのような常識を知っておきましょう。

詳しくは会社認印作成辞典~認印の「よく分からない」を解決~

三文判とは

三文判の認識について誤解されている人も少なくないようなので三文判とはどのような印鑑なのかというのを紹介していこうと思います。

現在三文判とは安い印鑑の総称として使われています。

江戸時代に話はさか上りますが、江戸時代に使われていた通貨「三文」は安価な通貨でした。

そこから価値の低い安い印鑑のことを三文判と言われています。

つまり正確には三文判と呼ばれる印鑑は存在せず、ただただ安い印鑑が三文判と言われます。

三文判は実印登録できる?

三文判は実印登録することができるのでしょうか?

答えは実印登録することができます。また銀行印としての登録もすることができます。

しかし三文判は100円ショップなどにも置かれているような時代です。

たまたま自分の苗字を発見して購入し、実印登録や銀行印として登録するのはあまりにも危険です。

当然ですが、100円ショップに売っているような三文判を実印として登録してしまうと簡単に同じ印鑑を手に入れることができます。

そのため同じ印鑑を持っている人がたくさんいるような状況ということは何かしら悪用される可能姓が高いというリスクに繋がります。

実印というのは自分の分身に近いものがあるため、実印として利用する印鑑の場合は職人さんに世界に一本しかないような印鑑を作ってもらうのがベストです。

三文判はおすすめできない

基本的に三文判は実印としては論外で、認印としてもおすすめできません。

三文判のような印鑑は偽造されるリスクはもちろんのこと、欠けやすく朱肉の乗りも悪いためおすすめできません。

2000円ほどの金額を出せば印鑑ショップにて丈夫で上質な印鑑を手に入れることができますのでそちらの方がおすすめです。

耐久性なども意識して印鑑を選びましょう。

実印注文してからいつ届くのか?

実印を注文していざ自分の手に届くまでにはどのくらいの時間がかかるのだろうか?

最近では「即日発送」というのを大きくアピールしている印鑑業者が多数ありますが、印鑑を作成する条件によっては即日発送することができないケースがあります。

全ての印鑑に対して即日発送することはできないので、即日発送できねいケースについて紹介したいと思います。

即日発送できないケース

祝日は営業日に入らない

まずは印鑑業者の基本的なところですが、祝日は営業日にカウントされません。

即日発送することのできない印鑑は2~3日の営業日が必要になります。

祝日などの連休前に印鑑を注文した場合には発送まで1週間ほどかかることになります。

即日発送することのできない印鑑タイプの場合にはこのようなことがありますので注意しましょう。

印材が特殊な場合

印材がチタンなどの特殊な印材の場合は即日発送することができない印鑑業者がほとんどです。

そのため印鑑の納期が通常の印鑑よりも遅れてしまいます。

手作りの印鑑

手作りで印鑑を作成する場合は当然即日に発送することはできません。

職人が1つ1つの印鑑を丁寧に作っているため少し時間がかかります。

印鑑にアタリを付ける場合

アタリとは印鑑の上下が分かる印のようものなのですが、アタリを付ける場合も即日発送することはできません。

すぐに印鑑が必要な人などはアタリを付けずに注文するといいでしょう。

出来上がりを確認できるサービス

印鑑業者によっては印鑑の出来上がりを出来上がる前に確認できるサービスがあります。

こういったサービスは便利なんですが、サービスを利用した時点で即日発送することはできません。

印鑑業者とやり取りした分、発送が遅れることになります。

このような上記のようなことがあると即日発送することができないので注意してほしい。

すぐに印鑑が必要な場合は上記のような条件を外して注文するようにしましょう。

実印を作る時期やタイミングについて

実印を作るタイミングというのはいつでもいいのですが、急に必要になって焦って実印を作るのはよくありません。

特に実印を作る時期というのはありませんが、人生の節目節目で実印を作っておいた方が何かと安心することができます。

一般的な実印を作るタイミングとは

高校や大学を卒業した時

高校や大学を卒業すると就職や大学などで一人暮らしをする人も多いのではないでしょうか。

そういった場合に賃貸マンションに契約する時には必ず実印が必要になるので高校や大学を卒業する時に1つのタイミングとして実印を作成するのがおすすめです。

成人を迎えた時

成人を迎えた時には様々な社会的な責任がでてきます。

また社会人として様々なことも可能になり、車の購入や一人暮らしの際にも実印は必要となります。

なので成人という1つのタイミングで実印を作っておくといいでしょう。

結婚した時

実印は苗字が変わると実印としての効力がなくなります。

つまり結婚した時、特に女性の場合は苗字が変わる事が多いため結婚したタイミングで実印を作る必要があります。

以前使っていた実印は使えませんので結婚した時は1つのタイミングになります。

自営業を始める時

自営業を始める時などは成功のゲン担ぎのために実印を新しくするという人は非常に多いようです。

開運印鑑というものがあるぐらいですから、印鑑は運気を左右しかねないと言われています。

そのため縁起なども考えて実印を新しく作るのもいいのではないでしょうか

実印が盗難または紛失してしまったら

実印が盗難や紛失してしまった場合にはどのような対応をすればいいのでしょうか。

実印は悪用される危険性があるため盗難や紛失した場合にはただちに対応する必要があります。

実印が盗難または紛失した時の対応

実印を紛失または盗難した場合にはまず実印の廃止手続きをしなければいけません。

実印登録廃止とはその名の通り印鑑登録は廃止することです。

実印登録廃止手続きは印鑑登録を行った市町村役場や登記所にて行うことができます。

実印廃止手続きは本人でも代理人でも行うことができます。基本的には本人が行いますがやむおえない事情がある場合のみ代理人が行います。

本人が行う場合に必要なもの

  • 届出人の身分証明書
  • 印鑑登録している実印
  • 印鑑登録証明書

代理人が行う場合に必要なもの

  • 届出人の身分証明書
  • 本人の印鑑
  • 本人の印鑑登録証明証
  • 代理人の印鑑
  • 委任状

上記のようなものが必ず必要になりますので盗難や紛失した時にはすぐに準備しましょう。

実印の登録廃止手続きが終われば新たな印鑑を実印として印鑑登録する必要があります。これを改印届けと言います。

新しく実印として印鑑登録する印鑑と本人確認書類を準備して手続きを行いましょう。

それが終われば警察に紛失届けまたは盗難届けを出しておくといいでしょう。

警察に行っておくとすでに悪用された時など、後々に裁判になった時などに有利になる可能性があります。

実印が紛失または盗難にあってしまうと上記のようなかなり面倒な手続きや準備が必要になるので、実印の保管には十分に注意しましょう。

金庫を利用するなど保管方法を見直す必要があると思います。

ゴム印とは

ゴム印と呼ばれる印鑑がありますが、ゴム印とはどのようなものなのでしょうか。

ゴム印とは

ゴム印とは社名や住所などが記載される事が多く認印のような役割をする印鑑のことを言います。

土台がプラスチック、木材、アクリルなど様々な土台があり、押すところがゴムできています。

ゴム印の値段は安く設定されており、押印することも楽に出来る反面耐久性が弱いので簡単に破損してしまうというデメリットがあります。

ゴム印の用途

ゴム印がよく使われる場面というのは会社などの領収書などに押される事が多い印鑑です。

領収書などに社名などを書いてサインするのが面倒になるのでゴム印を利用することでそういった手間を省くことができます。

また価格が安いことから個人でもゴム印を認印として利用している人は多数します。

シャチハタなどもゴム印の1つになります。

ゴム印には氏名印・住所印・小切手印など様々なものがありますので使用用途は幅広いです。

ゴム印は実印登録できるの?

ゴム印が実印登録することができるのかという点ですが、ゴム印は実印として登録することはできません。

実印登録できない理由として、ゴム印は印面がゴムでできているため性質上変形しやすいからです。

実印登録は印鑑を登録するのではなく印影を登録するので、ゴム印のように印影が一定ではない印鑑は登録することができないのです。

企業する人は持っておくと便利

会社印鑑セットなどには必ずと言っていいほどゴム印が含まれています。

ゴム印には上記で紹介したように氏名印・住所印・小切手印など様々なものがあるので、会社では色々な書類や領収書などに使うことができるのでかなり便利です。

便利というだけでなく会社での仕事をスムーズに運ばすためには絶対に必要な印鑑です。

印鑑の保管方法

印鑑というものを基本的に非常に大切なものなので保管方法には十分に注意しなければいけません。

認印のような印鑑なら紛失してもまだ大丈夫ですが、実印を紛失してしまうと悪用されまねません。

また実の場合は印鑑登録廃止届けや警察への盗難・紛失届けなども必要になりますので何かと手間がかかり大変です。

紛失や盗難しないように印鑑の保管方法を考えておく必要があると思います。

実印の保管方法

実印は犯罪に繋がる印鑑なので実印の保管方法について考えていきましょう。

実印を保管する時には金庫に保管しておくことが安全です。

自分で金庫を用意するのもいいですし、おすすめは銀行の貸金庫に保管しておくとより安全です。

銀行の貸金庫は月額料金で借りることができるので銀行のホームページを確認してみてください。

また実印とともに大切なのが印鑑証明書です。

実印と印鑑証明書がセットで、初めて法的効力を発揮するため絶対に実印と印鑑証明書をセットで保管するのはやめましょう。

また住所や氏名がわかるような本人確認書類などと一緒に保管するのも避けましょう。

本人確認書類があると実印がなくても印鑑登録カードを取得することができるからです。

家族に預けておくという人も中にはいるかもしれませんが、家族が騙されるというケースも少なからずあるので自分自身で保管しておくことをおすすめします。

そして実印は欠けてしまったりして登録されている印影と違うようになった場合は法的効力を失ってしまいます。

なので実印が欠けてしまうような保管場所は絶対に避けましょう。

たまに財布や小銭入れなど擦れるような場所に保管してしまう人がいますが、そういった場所で保管していると徐々に印影が変わってきますの注意してください。

銀行印について

まず銀行印とはどのようなものなのかと言うと、銀行口座を解説する時に必要な印鑑のことを銀行印と言います。

通帳と銀行印があれば本人でなくてもお金を引き出すことができるので銀行印の保管は十分に注意する必要があります。

実印と銀行印の兼用はやめよう

実印と銀行印を同じ印鑑で兼用している人もいるかもしれません。

実際に実印を銀行印として利用することができますが、リスクを分散するという意味で実印と銀行印は使い分けましょう。

と言うのも実印を銀行印としても利用していると、印影を偽造された時に銀行印と実印の両方の印影を偽造されることになりますのでリスクが高いです。

他にも実印と銀行印を兼用していてた場合に、実印が紛失したら紛失届け、実印の廃止、改印届け、金融機関へ印鑑変更などとにかく手続きが多くなってしまうのも大きなデメリットです。

こういったことから実印を銀行印にも利用するのはやめましょう。

銀行印の作成について

銀行印を作成する時にはどのようなことに気を付けて作成すればいいのあでしょうか。

まず銀行印の適切なサイズですが、男性は13.5mm~15.0mm・女性は12.0mm~13.5mmが一般的だと言われています。

そして銀行印の書体としておすすめなのが古印体・篆書体・吉相体が偽造されにくくおすすめの書体です。

銀行印の苗字だけでいいのかフルネームにするべきなのかなど、銀行印に彫刻するのはどれがいいのか。

銀行印は苗字でも名前でもフルネームでも銀行印として登録することが可能です。

そのため好きなので登録すればいいのですが、複製されるリスクが最も低いのが名前で登録することです。

苗字などは被りやすく複製されやすいので名前がユニークな人などは名前がおすすめです。

印鑑のアタリとは

聞いたことがない人も多いと思いますが、印鑑にはアタリと呼ばれるものがあります。

アタリとは一体どのようなものなのでしょうか。

アタリとは

印鑑のアタリとは印鑑の持つ部分に突起または印のことをアタリと言います。

印鑑にアタリが付いていることで印鑑の上下が分かるようになっています。

そのため印鑑を押す時にすぐに上下が分かるためいちいち確認する必要なく印鑑を押すことができます。

仕事などでいくつも印鑑を押さなければならないような状況の場合にはかなり便利だと思います。

かわいいアタリが人気

アタリにも最近では女性に人気のかわいいものが登場しています。

アタリにラインストーンやスワロフスキーが使われていて、女性へのプレゼントなどにも使われているみたいです。

結婚祝いや就職祝いなどにこのようなかわいいアタリの付いた印鑑をプレゼントする人も多いようです。

アタリのデメリット

アタリは印鑑の上下を一瞬で判別してくれる非常に便利なものですが、考え方によってはデメリットも存在します。

実印の場合ですが、実印は自分の分身と言われることも多く、そんな実印にアタリを付けるのは自分を傷つけていると一部で言われているようです。

縁起という部分であまり好ましく思わない人もいるようです。

またアタリがあると上下がすぐに分かってしまうことから大事な契約書などでもすぐに押せてしまう部分があります。

便利ですが、上下を確認するちょっとした時間があるとこの契約書に印鑑を押していいのか?などと考える時間になります。

そこで踏みとどまったりすることができますが、アタリがあるとすぐに押せてしまうというのは人によってはデメリットになるのではないかなと思います。

デメリットかどうかは人それぞれですが、このようなこともあるというのを知っておいてください。

実印とは一体どのようなものなのか?

実印は1番大切な印鑑と言われていますが、実印とは印鑑の中でもどのような役割を果たしているのでしょうか。

実印とは

実印とは市町村役場にて印鑑登録証明書の交付を受けた印鑑のことを言います。

つまり印鑑登録していない印鑑はどんなに高価な印鑑であっても実印として利用することはできません。

また実印は1人に1つだけ作成することができ、複数の実印を持つことはできません。

冒頭でも言いましたが実印は最も大切な印鑑であり、法律上の責任が発生します。

重要な契約などに押される事が多く、慎重に扱う必要があります。

主に不動産取引・公正証書・遺産相続・車の購入などの時に必ず実印が必要になります。

実印と認印を使い分けよう

実印を宅配便などに押す印鑑としても使うことができ、銀行口座を解説する際の銀行印としても実印を利用することができます。

全てのものに実印で片付けてしまうことができますが、実印は重要な契約などに押す用として保管しておくことをおすすめします。

宅配便など普段良く使う認印を用意し、銀行印は銀行印で用意して使い分けるようにしましょう。

特に認印を持っておくとかなり便利です。認印はどこかに登録する必要もないので一本は持っておくといいでしょう。

実印登録することのできる印鑑とは

実印登録できる印鑑にもある程度の決まりがありますが、その決まりさえクリアしていれば100円ショップなどに売られている印鑑でも問題ありません。

印影と呼ばれる印鑑を押した跡が一辺の長さが8ミリの正方形より大きく、25ミリの正方形より小さいものと決められています。

また氏名または姓または名が印影になっているものでないと実印登録することはできません。

ゴム印や同型印と呼ばれる大量生産された印鑑も実印登録することはできません。

これをクリアしていればどんな印鑑でも実印登録することができます。